トオルEXPRESS-2-

 瀬田 透です。大切なあなたへ、お手紙をお届けします。

読書

★トマトジュース

アイスコーヒー注文したら、 「冬はアイスやってないんです..すみません..」 って言われた。あ、そうだった、忘れてた(笑) 前回も同じこと言われたんだった(汗) じゃぁ、、 トマトジュースおねがいしまぁーす! 今日はクッキーがついてきたよ☆わーい☆彡 …

★セピア

いま私、めちゃお腹痛いっす...(笑) うううう。 切実。。。。 ゆっくりトイレ行きたい..(笑) でもゆっくりコーヒーブレイクしたい...ゆっくり本読みたい...優雅な時間を過ごしたい... とりあえず喫茶店へIN♪(←大丈夫か!?オレ!?) ふー。。 さて。と。 …

★うまい珈琲

喫茶店をさがして、JR立花駅周辺をうろうろー。。 あ。 うまい珈琲、とやらを発見(笑) 「これ、ぜったいうまくないやろー(爆笑)」 しかも営業してるのかしてないのかわからん真っ暗な外観... 期待せず、喫茶店のドアを押してみた... ? 寡黙なママさん。…

★環境は人間を創りません。私たちの環境は、私たち自身のことを外部に漏らすのみです。

環境は人間を創りません。私たちの環境は、私たち自身のことを外部に漏らすのみです。 引用:『原因と結果の法則』ジェームズ アレン (著) 坂本 貢一 (訳) -- あ、自己啓発的なへんな宗教にはまってるわけではないので安心してね(笑) 納得できるエッセンス…

★人々の多くは、環境を改善することには、とても意欲的ですが、自分自身を改善することには、ひどく消極的です。

この真実の光のもとで眺めたとき、「環境と戦う」とは、どういうことなのでしょう。それは、自分自身の内側で「原因」を養いながら、外側の「結果」に戦いを挑むことにほかなりません。 人々の多くは、環境を改善することには、とても意欲的ですが、自分自身…

★朝喫茶

「粛々と、ご機嫌でいる 」 この状態であることがとても大事だと、私は思っている。常にそのようにありたい。 四六時中テンション高く振る舞うでもなく、かと言ってなんら不機嫌なこともなく、 いつ如何なるタイミングで話しかけられても柔和に応えられる、 …

★コーヒーゼリー

ダメだしされると、へこむよねぇ。 こうしたらもっと良くなるのに.. とロジカルに導き出された事実を指摘されると、図星であればあるほど、反発したくなるよねぇ。 うんうん、わかる。 わかるよー。 でも、わからないフリする。私はね(笑) 図星さされて動…

★牡蠣鍋の味噌仕立て

紹興酒とともに☆ 『酒の細道』っていうマンガがあってね。 1冊に、小話が40話~70話くらい入ってるの。 なにをかくそう、私はここ数年、『酒の細道』を毎日欠かさず読んでいるのだ! (毎日2話ずつくらいかな(笑)) その『酒の細道』のシリーズで、 《ひと…

★自省録メモ

「現在の時を自分への贈り物として与えるように心がけるがよい」 朝、喫茶店で本読んでたら、メモしたくなる言葉があったので、写真に撮りました。 ノート取り出す時間的余裕がなかったので。 そうそう、いまさらだけど、2019年10月から、毎朝きてるここの喫…

★コーヒーゼリー

この喫茶店で、2回目の注文。 コーヒーゼリー☆彡 やっぱ、コーヒーゼリー注文する人少ないのかなぁ? 「コーヒーゼリーください」って注文したら、一瞬間があって、「コーヒーゼリー、。ですね?」って聞き直された(笑) そうだよー。だってかき氷、もう終…

★『カラマーゾフの兄弟』訳:原卓也 ◆新潮文庫

昨今はこんなに、簡潔に、読みやすく訳されてんだな、 ドストエフスキー。 電車のお供に☆彡 西暦2000年以前新潮文庫のドストエフスキーは、ここまでカジュアルではなかったよ(涙) もっと、文語チックな訳文だったから、そもそも訳の日本語を読むことに難儀…

★モナミ

「大半の人が、挑戦してすぐあきらめる」 っていうワードを見かけて、なるほどねーって思った。 なるほどなるほど。そうなのか。 私自身に関していえば、なにかやり始めたら、けっこう続くタイプだね。 それはなんでか。 自分に甘いからなんだよ(笑) やり…

★喫茶ドリアン

さてさて。 長堀商店街の喫茶店はお初です☆彡 約束の時間まで、15分くらい余裕があるから、立ち寄ってみるよ! 喫茶ドリアン。 壁いっぱいに、カレーとチャーハンとピラフの写真が貼ってあって楽しい~! 純喫茶だねー (^o^) ほいで、おニューの本を取り出し…

★『星の王子様』

『中田敦彦のYouTube大学』で星の王子様編をやっていたので、久々によみたくなって、本棚から取り出した。 新潮文庫のを読んでます。 さてさて、 個人的にはこれ、もっと薄い紙で印刷してほしいなって、思ってるよ..。 もともとが短いお話だから、厚い紙に印…

★『友情』

お客さんのところへ行く途中に、さびれた書店があった。 「なにか本かってみよかなー」って立ち寄り、武者小路実篤『友情』を購入。 いいよねーこういう古典(?)って。落ち着くわぁ。 移動中にすぐ読み終えた。 けど、読書してた時間、その前後、全体を通…

★『春の雪』

20回くらい読んだかなぁ。 定期的に読んでます。ファーストフード的な活字を摂取しすぎて、飽きたころまた戻ってくるというような。 とはいえ、『春の雪』の文体もさぁ、 ベクトルの違うジャンクフード的なコテコテ文体なんだけどね(笑) 比喩表現、擬人表…

★金色の鳥の本

石井ゆかりさん、っていう作家の紡ぎ出す文章が好きでさぁ.... 数年に一度、 定期的に読んでいます。 労り、 切なさ、 哀しみ、 あきらめ、 自由、 希望、 に満ちた、 優しい言葉を、 書籍にしてくれているんだよね。 しみじみと読むのにうってつけだよ。 青…

★黒い鳥の本

通勤前、朝喫茶店で読書。最近は内勤仕事が多いので本を読む機会が少なめです。 というのも、読書タイムをとるとしたら仕事時間帯の外出中だけ、というライフスタイルなので。 そもそもね。家ではパソコンの潤沢な大画面・ネット環境で動画を漁りたいわけで…

★梅田駅で喫茶&入試問題

お客さんから、アポ時間を30分ずらしてほしいと電話連絡があり。ぜんぜんOKOKよん。 喫茶店で5分くらい時間とって本日のタイムスケジュールを見直していたところだったから、まぁ休憩時間が増えたかな、本でも読もうか。としていたら、15分後、 さらにさらに…

★シャボン玉色

鉱物の溶け込んだ色、シャボン玉色。摩訶不思議で美しいよね。 石油の膜もシャボン玉色だし、洗剤液もシャボン玉色。あ、当たり前か。 今朝ゆうパケットでポストに届いた新書を取り出し出勤、喫茶店で開封。 出版日前からアマゾンでチェックしてたけど、「予…

★ごはん屋さんで喫茶

いい喫茶見つけた。 特筆すべきは、客層が素晴らしい。 お客さん次々来店されていて、みなさん常連さんであることが会話のやりとりから察せられる。 そのお客さん方みんな、ママさんを大事にしていることが伝わってくる心地よい軽口の叩き方なのよ。 邪魔し…

★インストール

その日の私の人格は、その日読んでいる本に多分に影響されるようだ。 作家の思考回路、行動指針にチャネリングし同期する。 これは意図してやっていることではなく。 結果的にそうなっていたなぁと、今日の終わりに周りの反応や些細なエピソードを振り返りハ…

★JR放出駅前の喫茶にて。安定の読書。

近年まれにみるヒット作だわ、今読んでる本。 毎日4ページずつほど読み進めている。 1行1行に激しく感銘するので、時に活字から目を離し放心してしまう。1ページ読むのに15分はかかるわ..。 読み終える日がいつか来ることを想うと惜しい、切ない、もったいな…

★高槻市駅の喫茶

本日の仕事の合間、明らかに、本を読めるタイミングは20分くらいしかないんだな。 出掛ける前から分かってるんだ。 喫茶店や電車内でほかにやるべきことあるし、仕事の電話かかってくるし。。。 けど、 今日お供にしたい本を、あきらかに20分では読めない分…

★『オレンジページ』

ここ20年以内に流行したJ-POPミュージックのバンドが流れてます。 次々入れ替わる、常連らしきお客さん多し。 マターリと流れる時空。 訪問予定である客先とのアポ時間まで90分あったから、45分ずつ喫茶店の河岸をかえるつもりでいたのだけど、なにかしら居…

★このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる

今朝9時、出勤前の喫茶で読んだ本の文脈にチラっと出ていた本をノートにメモしてた。 『話の終わり』リディア・デイヴィス (著)/岸本 佐知子 (翻訳) * 移動中たまたま立ち寄ったJR高槻駅前に本屋さんがあったので、期待せずさがしてみたらば、 ありました…

★ホリーズカフェ

常時10冊は、読みかけの本がある。数日かけて読むもの、数か月かけて読むもの。 毎朝、どの本をカバンに入れて出掛けるか選定する時間を設けている。1分くらい。 その1分間は悩むフリした ささやかな お楽しみでもある。 で、 気分・体調に鑑み、続きが読み…

★ピァレス

バスに乗る直前まで本読める喫茶はないかな? 道中スマホで探し、バス停近くのピァレスに白羽の矢を立てた。 阪急 豊中駅前の高架広場から見えます、喫茶ピァレス。 豊中駅 バス停2番乗り場から一番近い喫茶店は、ここだよなァ・・たぶん(?) (レッツゴー…

★朝ガスト

今日は直行で会社の人と待ち合わせ。 待ち合わせ場所から徒歩5分のところにあるガストで、60分お茶します。 本日のスケジュールをノートに書き出して、あとは読書タイム。

★コマンドプロンプトに浪漫を感じる読書

京阪電車 香里園駅のフレッシュネスバーガーにて、コマンドプロンプトの解説書を読む。 この本、おまえは広辞苑か!?てくらい分厚いっす... 660ページあって持ち運びに不便だからさ、 1冊をカッターで3分割して、透明の養生テープで前後のページをベタベタ…