読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トオルEXPRESS-2-

 瀬田 透です。大切なあなたへ、お手紙をお届けします。

★阿遅速雄神社

■阿遅速雄神社(あちはやお じんじゃ)

 

今日は大阪市鶴見区の放出(はなてん)へ大仕事、直行です。

はやめに家を出て客先近くの神社へお参り。

f:id:seta_tooru2:20160818204545j:plain

こちらへ滞在していた15分くらいの間、絶え間なく3人は来ていたよ。みなさんの柏手が心地よく響いてた。

私も、美しく鳴れかしと柏手を打つ。

が、慣れないと照れ(=邪念)が混じり思い切れず柏手がピリリと響かないんだね、。

f:id:seta_tooru2:20160818204808j:plain

何へ向けて何をお参りするのか、

全くわからん、

でも、昔から敬われてきた「なにか」をお参りすることは、

きっと悪いことではない「気がする」ので、お参りしよう。

 

うん、

わからないというこの事実は、ただ私が至らないがゆえわからないだけなのだから、

わからないなりにお参りしたらいいんじゃないか。

それでいいのだ。

という、わけのわからない納得をもってお参りする。

f:id:seta_tooru2:20160818210024j:plain

大正時代、落雷に遭ったそうで大手術の跡。

 

「今日も元気に生きてます。わからないけれどありがとうございます」と感謝を伝えることができたならば、それで御の字ではないか。