トオルEXPRESS-2-

 瀬田 透です。大切なあなたへ、お手紙をお届けします。

★高架

毎日、どこかの定点で決まりきった行事を遂行するというのは、すこやかな身体と精神を維持するのに有効だと思う。 @朝潮橋駅の高架

★秋の季語

さば雲。 うろこ雲、いわし雲。

★朝の空

毎日が絶好調というわけにはいかない。 「今日この1個だけはやりとげた」という確信があれば上々、と思うことにしています。

★蒼空

身近にいる人たちに、感謝。

★夕焼け

なにやってもいいし、なにもしなくてもいい。 自分くらいは自分のことぜんぶ許してあげよう。

★ホメオスタシス

毎朝、まどろんでいるあいだから、「再生している」と実感し始める。 日々、死に直して、生き直していると。 死に直している瞬間は、猛烈にザラザラした虚脱感をくぐり抜けなければならないこともあるけど、それでも再生しつづける己の逞しい生命力に感謝す…

★気仙沼・防災対策庁舎跡

募金やボランティア活動したことをわざわざ人に言う必要はなく。

★秋の空

考え事は、しないに こしたことはない。 いま、ここにいる、その事実に溶け込んで一体となっているのがいいね。 歩いているときは町並みの一部になり 買い物するときは色とりどりの欲しいものに熱中し 電話しているときは相手の声に全身をあずけて 字を書く…

★かぶと岩展望所

うすうす気付いていたけれど、私は人のことを、本当には「嫌い」になれない体質だ。 もちろん、苦手だったり腹が立ったり賛同できなかったり、という相手には日々遭遇する。どっちかというと私は批判精神旺盛で、他人の人間的欠陥を分析し、心の中で論理的に…

★空

人の心のある一部分は、日々起こる出来事へ丁寧に反応してしまい、しらず視野が狭くなる。 そんなときは、自分はそもそも宇宙と一体であるという大前提を思い出せばいい。

★パリは燃えているか

ギラギラした夕焼けを見るといつも、語感から『パリは燃えているか』を連想してしまう。 作曲:加古隆:パリは燃えているか 悪くない気分。この色の中に立ち止まり続けたくなる。

★虹

今後、二度と見ることの叶わないであろう、完璧な虹に出会った。 完全な半球、くっきり地面とつながっている虹。 高速道路を走っているときに助手席から。急なことで、数秒でスマホを取り出し、やっと撮れた一枚。 スケール大きすぎて、全体が入りきらなかっ…

★青空

前社長(ヘビースモーカーです)が定年退職されてから、タバコ部屋でまったりする機会が減ったなぁ。社長とタバコ部屋で雑談するひととき、めちゃ楽しかったです。 元気してるかな。 先日、ひさびさに、前社長が会社へ挨拶に来られました。以前どおり元気な…

★朱い空

青色から、もう朱い空だよ。 不思議なことが多すぎる。 きれいなものを与えられすぎている気がする。

★妄想癖

独りでめっちゃくちゃ脳内遊びができるので、しかも、その脳内遊びが他人とのリアル遊びより楽しかったりするので、ぽつねんと取り残されても手持ち無沙汰になることがないという特技があります。 目の前にあるなにかを見て、あーだこーだと説明付加して心象…

★一日

今日はなにも起こらないな。 使命感ゼロな朝、スマホ時計に命じられるまま会社へ出かける。それでも振り返りみれば、うっすらと一日分の淡い痕跡が積み重なっている。 普段かかわっていない別部署の社員のボケにツッコみまくってみた。 上司から銀座クッキー…

★夕暮れ

宇宙に存在して自分もその一部である。

★お昼すぎ

今日もがんばってるね☆ 朝からずっと、みんなに言われ放題だったよね。 えらいよね。。私だったら緊張するわヘコむわ、心の中で反発しまくるわで、こちら側へ戻ってこれなくなってるとこだよ。ちゃんと人の話を聞けるなんて尊敬します。 遅くなったけどラン…

★清少納言

もしかしたら・・。読み手を信頼してまるごと手渡してくれていたんだ。。 溢れる情緒を秘めた人だったのかもしれないなぁ。

★夕暮れ

春は、あけぼの やうやう白くなりゆく山ぎは 少し明りて 紫だちたる雲の細くたなびきたる いま夕暮れなんですけどね、。 雲の細くたなびきたる って言いたかっただけです。ちょっと太いけどまぁいいか。

★月と金星

徳島より。 瀬戸内海。

★春のきざし

そわそわするくらい、あたたかい。もちろん吹く風は冷たいよ、だけど、その冷たさも私のご機嫌をうかがうような慎重さをもって冷たいだけで、ぜんぜん痛くない。

★五日月

朝からぐーっとパソコンへ向かっていたら、いつの間にか夜中だったよ。デザイン整えながら本の原稿作ってました、周りの出来事が意識に入ってこないまま一日。 家へ帰ってお風呂入って、桃カルピスを傾けつつ月を眺める、この贅沢。 月齢 :57.33 輝面比:23…

★昼下がり

最近は出社してから一瞬で夜になってしまうほど、なんやかんやバタバタしてて。 休憩中も空を愛でる余裕がなかったのだけど。 走りきってる感があって爽快だ。

★飛行機雲

バタバタ毎日が過ぎてゆくなぁ。 ちょっと休憩です。

★朝焼け

朝日と夕陽は似ている。

★斜陽前

いつもの喫煙ルーム。 お疲れさまです。

★昼下がり

コカコーラのテーマソングを聴きながら。 なつかしのメロディーだね。

★秋晴れ

気持ちいい。

★紅い観覧車

今にすべてに感謝します。

★夕方に部屋から窓

窓際で読書。

★部屋から雲

元気だね。

★夕暮れ

飛行機雲。

★夕暮れ時

ロマン派。

★部屋から空

夜会服。

★部屋の窓から

のこり雲。

★密室

タバコ部屋は、密談できる小会議室としての役割も担っており、ちょっと人に聞かれたくない話をするのにぴったり。 この部屋に一緒にこもると、同盟関係が結ばれるんだな。

★やや曇り

窓のむこうは やや曇り。 これくらいのお天気のほうが過ごしやすいカナ。

★癒しの一幅

目の前のパソコンに集中しているシーンから喫煙ルームへ。

★夕暮れ前

会社のタバコルームで一服中。 さぁ、がんばろう☆

★たんぼ

京都市左京区へお仕事です。 あっついなぁ~! 後輩といっしょにてくてく歩いているとこ。

★昼下がりの空

会社のタバコ室から。 青い陽射し。

★部屋から朝空

朝の空。 空は、雲のあるほうがおもしろいね。

★ぽっかり雲

おなじみ、部屋から夕暮れ。 二度と同じ雲は見れない、という刹那性がドキドキさせる。

★うつろい

部屋から空を眺めていると、心奪われる雲。 きれいなモコモコだね~。 5分後には、 ウソのように、すっかりモコモコ雲がなくなってしまったー。。。不思議だね。 さらに10分後には、夜の帳なりよ。

★FM熊本

白川沿い熊本城の入り口から夕焼け。 中島 ヒロト熊本県出身。熊本大学中退。熊本RKKラジオの若者向け「燃えろ!サタデーナイト」でデビュー。1994年、大阪を放送対象とするFM局のオーディションを受け合格、拠点を大阪に移す。 私は熊本から大阪へ来て仕事…

★雲

夕暮れ、部屋でゆっくりしているときは、空の色と電車の行き来を眺めているのが好きです。 雲の形の変わるのがあっという間なんですよね、。 左上のふたつ雲は、10分前はめちゃ大きくて面白い形だったのに、今は小さいちぎれ雲になってしまいましたー。

★夕暮れ前

太陽が傾きつつある時刻。

★朝の駐車場

空の水色と雲のかたちが、絵本のようでさわやかです。

★夕暮れ

いつものタバコ部屋から、反対側の空。 --